超有名アスリートと寝たビッチから話を聞いて考えたこと。

姉さん
やってることはほとんど援助交際と一緒なんだよね。
もっさん
えっ!?、、。

 

このような事をスラスラと述べる彼女に、僕はとても清々しさを感じていた。

 

清々しいビッチ。「スガビッチ」だ。

 

この日は、「ビッチ」のイメージが102度ぐらい変化した1日だった。

そのストーリーを今回は紹介したい。

奥さん(友達)からビッチ姉さんを紹介してもらう。

なんと語弊のある見出しだろう。

 

全国のモテない男たち、早とちりはよしなさい。

君が今想像したような話では無い。いいから早くチャックをあげなさい。

「ピロンッ。」

お家でゴロゴロと鼻くそをほじくっていたら、いきなりiphoneが僕のことを呼んだ。

 

ほじくる手を止め、iphoneを見てみると、LINEの通知が入っていた。とても嬉しい。

 

主婦をやっている友達からの連絡だった。

 

奥さん
超有名アスリートとセックスした糞ビッチ女のインタビューはいかが?笑

なんという香ばしさだろう。

まるでパン屋の前を通りがかったときのような香りがする。

人は皆、心に「文春(センテンススプリング)」という魔物を抱えている。

その魔物が顕在化した姿が、「噂」や「スクープ」や「暴露」といった行動だ。

 

これらの行動から得た情報は大抵、コンビニのトイレットペーパーぐらい薄く、昨日の朝食ぐらいすぐ忘れてしまう。

つまりよくよく考えれば「どうでもよくね?」となってしまう程度の情報なのだ。

 

聞いてみる価値なんかない。

 

 

もっさん
よろしくお願いします。

時間と場所を指定して頂ければ、そちらに向かいます。

 

魔物の好物は「退屈」だ。

 

目的地に着き、人妻とビッチ姉さんと顔合わせをした。

湖畔沿いのベンチに座って僕らは話をすることになった。

壮麗な景色が広がる中で、「アスリートとセックスをした話」を聞くのだから、そのギャップがおかしくてたまらなかった。

アスリートって変な趣向あるのかな?

まず最初に、そのアスリートとの馴れ初めを聞くことにした。

もっさん
どこで出会ったんですか?
姉さん
行きつけのバーがあって、そこで出会ったの。

行きつけのバー!言ってみたい。

 

行きつけのバーにて、飲んでいたところ、その超有名アスリートなる人が来店し、バーテンダーきっかけでお話をすることになったそうだ。

 

続けて彼女は、このようなことを言い出した。

姉さん
彼、気がついた時には私の眉毛を触ってたの

 

男はボディタッチをしたい生き物である。

しかし、ボディタッチは「セクハラ」というリスクをはらんでいるので、無闇やたらにすることはできない。

なので、セクハラと思われないようなやり方が1番スマートなのだ。(ちなみに発想はスマートではない。)

 

そして、僕の経験上、ボディタッチを1番しやすいのは「肩」なのではないかと思う。

肩を触って嫌な顔をしてきた女性を今までに見たことがない。

 

そして、そこから数々の心理的なトラップをすり抜けた先にあるのが「手」だ。

ある意味そこをゴール地点としている。

手は神だ。

 

 

おい。

なぜ眉毛なんだ。

眉毛の何がいい?

今度やってみようと思う。

 

あと「気がついたら」ってなんだ。

今度やってみようと思う。

 

バレるといけないので、アスリート話は割愛する。

そのバーで飲んだ後、彼の家に招待され、一夜で4回枕を交わしたそうだ。

元気。

バレるといけないので、その他の情報は割愛することにする。

 

あと正直に言うと、僕が興味を持ったのは、「超有名アスリートと寝た」というネタではなく、ビッチの生態系についてだ。

 

なぜこの人はいろんな人と寝るのだろう?

何が目的なのだろう?

 

聞いてみることにした。

なぜいろんな人と寝るのか?ビッチの目的はお金。

どうやら話を聞いてみると、この女性は週替わりで色々な人と寝ているらしい。

なぜだろう?

もっさん
どうしてそんなに色々な人と寝るんですか?
姉さん
お金が貰えるからかな。(奢ってもらえるから。)

どうやら彼女は、だれかれ構わず寝るのではなく、ちゃんと相手を選んでいるらしい。

ビッチが寝る相手

  1. お金がある人。
  2. 奢ってくれる人。
  3. トークが上手い人。

“自分にいくらお金を使ってくれるか”が、とても重要らしい。

ビッチが寝ない相手。

  1. 性格がめんどくさそう。
  2. 病気うつされそう。
  3. トークがつまらない人。
  4. 奢ってくれない人。

ご飯を奢ってくれなかったら寝ずに帰るらしい。

姉さん
やってることはほとんど援助交際と一緒なんだよね。

なぜビッチが生まれてしまうのか?家庭環境が原因かな(汗)?

なるほど、このビッチの目的は分かった。

 

では次に、なぜ彼女のようなビッチが生まれてしまうのだろう?

 

僕は家庭環境に注目した。

幼少期に悪さをしていた友達が二人いたのだが、その両者とも両親が離婚していたからだ。

家庭環境は行動に大きな影響を与える。

 

もっさん
親とは仲良いいんですか?
姉さん
ウチは絵に描いたような円満な家族だよ。

僕の浅はかな推測はすぐにぶち壊された。

 

いや待てよ、そもそもビッチは問題なのか?

「なぜビッチが生まれてしまうのか?」という疑問自体が間違っている。

そもそも、この疑問自体が間違っているのではないか。

 

なぜなら、本人が「それで良い」と考えているならば、その選択は不正解ではないからだ。

周りに迷惑をかけているわけでもないし(?)。

 

だいたい、理屈で考えれば、需要と供給がただマッチしているだけである。

お金を稼いでいる+女性と寝たい男が、奢ってほしいと考えている女性と寝るだけの話だ。

市場のメカニズムではないか。

物事の良し悪しを判断する上で、「1度左脳で考えてみる」という作業はとても重要だ。

ビッチは何ら問題ではない。

 

しかし、なぜだろう「ビッチ」という言葉の語源は、批判的なモノだ。

ビッチ –  尻軽女、あばずれ女、いじわる女、あるいはとてもいやな事などの意味を指す悪罵語。

-wikipediaより

なぜビッチは、このように批判的な意味合いなのだろう?

ビッチが批判される理由は「嫉妬」。

ビッチが否定される原因は、「嫉妬」にあるのではないかと思う。

 

人間は、進化の過程で、生得的に「嫉妬」という感情をプログラムされてきた。

その理由は、“相手に浮気をさせないため”だ。

進化心理学上、オスの最適戦略は、できるだけ多くのメスと寝て自分の遺伝子を残すこと、メスは、自分と子供たちを養う保証をオスから獲得することだ。

 

しかし、

  • もしも女が色々な男と寝ていたら、生まれてきた子供が、自分の子供かどうか判断することが出来ない。(だから処女が人気)
  • もしも男が色々な女と寝ていたら、自分と子供だちを養う男を獲得することが出来ない。

 

そこで「嫉妬」が生まれたのだ。

相手を嫉妬し、行動を制限することで、進化心理学上の目的を達成することができる。

 

しかし、色々な男と寝るビッチの存在により、

  • 女は、自分の男がビッチに寝取られ、自分を養ってくれるはずの男を取られてしまう可能性がある。
  • 男は、ビッチから生まれた子供が、自分の子供だと自信を持つことが出来ない。

 

この生得的な「嫉妬」という感情により、人間はもとよりビッチ(ヤリチンも含む)に対し、冷ややかな目で見る傾向があるのではないかと考えた。

一夫一婦制は、生得的な人間の感情にとても即した制度なのだ。

参考文献

お勉強が苦手な君に簡単に説明すると、「まあビッチを積極的にパートナーにしたいと思っている人はほとんどいないし、ビッチって安っぽいイメージあるよね。そう思ってしまうのは、人間の本能的に仕方のないことだよね。」ってことだよ。

結論:ビッチに幸あれ

僕の結論はこうだ。

もっさん
生得的な感情に従って見れば、批判したくなるのは分かる。しかし、ちゃんと考えれば何も間違っていないし、大事なのは、当人たちが自分の意思で選択しているかどうか。

 

右脳で考えれば、批判的な気持ちが生まれる。

左脳で考えれば、需要と供給がマッチしているだけ。

当人たちが合意のもと行っているならば、ハッピー。

 

つまり、

またお会いしましょう。

 

もっさん(@mossanyame

 

▼この記事をシェアする▼

3 件のコメント

  • ビッチやヤリチンになりたいのですが、病気とか色々リスクを考えてしまうとなかなか行動に移せません。どうしたらなれるでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    職業:ブロガー、YouTuber。 年齢:23歳 新卒1年で会社を辞めた男が、会社に勤めない生き方を模索して発信していくブログ。働き方・フリーランス・YouTuberについて現在発信中。