「会社辞める」って上司に言えない20代へ武器を授ける。

こんにちはもっさん(@mossanyame)です。

 

会社は辞めたいけれど、「辞めたい」って言葉が言えないと悩んでいる方はとても多いと思います。

 

もっさん
その気持ちすごくわかります。

僕は新卒1年で会社を辞めたのですが、当時ものすごく「辞めます。」って言いづらかったのを今でもよく覚えています。

しかし、最終的に「辞める」と伝えることができたのは、伝えるための準備をしたからだと思います。

 

今回は、新卒1年で辞めた経験を持つ僕が、「会社辞めます!」と言えるようになるための準備の仕方をお教えしたいと思います。

「辞めたいけど言えない!」と思っているあなたの参考になればと思います。

 

「会社辞めます!」って言えるようになる方法。

何を聞かれても言い返せるようにして自信をつけよう。

付け入る隙をつくらないために、論理武装をしましょう。

 

会社を辞める際には、おそらくどこの会社でも、たくさんの面談が行われ、数々の質疑応答が行われます。

なぜなら会社に残る側の人たちは、去っていく人間に対してとても懐疑的だからです。

なので、面談ではあなたが、“どのように考えているのか” を明確に伝え、理解してもらう必要があります。

 

では、ここではどのような準備をすればいいのか?

👉何を聞かれても大丈夫という段階までシミュレーションをする。

 

面談は、営業が行う商談と似たようなものです。

何を聞かれても大丈夫という段階まで話すことを準備し、頭の中でシミュレーションをすることにより、自分に自信をつけましょう。

 

主に聞かれること。

  • なぜ辞めたいのか。
  • いつ辞めるのか。
  • 辞めたあとは何をするのか。
  • 会社に不満があるのか。

これらの理由をしっかりと考察し、答えを考えましょう。

合わせて読みたい!

会社を辞める理由は「逃げたいから」でもいい。

 

「会社に迷惑をかけるかもしれない」という考えはいらない。

おそらく「言えない」派の人たちの中には、

マサオ
会社辞めるなんて迷惑だよね、、。だから言えないっ!。

と悩んでいる方が少なからずいると思います。

 

しかし、僕は迷惑なんて考えなくていいと思います。

なぜなら、自分の人生だからです。

会社に迷惑がかかること考えすぎて、自分が進みたい道に行けないのでは本末転倒です。

あなたの人生は、今の会社のためにあるのではなく、あなたのためにあるのです。

 

確かに引き継ぎをしっかりするなど、最低限迷惑をかけないようにすることは大切かもしれません。

しかしもう一度言いますが、迷惑をかけないこと」を先行して、自分の人生を歩めないというのは本末転倒です。

もっとワガママに生きましょう。

 

退職後にやりたいことを先に始めておこう。

あなたは退職後、どのような人生を歩もうと思っているでしょうか?

おそらく、「転職」もしくは「独立」のいずれかではないかと思います。

 

もし決まっているのなら、決意を固めるために、先に退職後にやることの準備を始めてしまいましょう。

 

行動を起こさない限り決意は固まりません。

そして決意が固まらない限り、「辞める」ということはできません。

 

なので、先に準備を始めておくことは重要なのです。

第二新卒で転職を考えている方向けオススメ記事▼

【厳選】第二新卒にオススメしたい転職サイト5選。

20代既卒で転職を考えている方向けオススメ記事▼

20代既卒向けオススメ転職サイト5選。

独立を考えている方向けオススメ記事▼

ネットで簡単に稼ごう!独立したい人へオススメの副業。

フロー

  1. 準備を始める。
  2. 道筋を探す。
  3. 決意を固める。
  4. 「退職します。」と言う。

いつ辞めるかを決めて、その日程から逆算して行動しよう。

辞めたいけど、”いつ辞めるか”というタイミングが決められなくて、「辞めます」って言えない人いますよね。

そんな人に提案したいのが、指標を決めることです。

例えば、

  • 貯金が200万円貯まったら。
  • やりたいことが見つかったら。
  • 次パワハラ・セクハラを受けたら。

など「これを達成できたら辞める指標」を設けます。

 

そしたら次に、いつ頃それが達成できるかを計算します。

合わせて読みたい!

仕事を辞めるまでのスケジュールを1年で辞めた僕が教える。

 

そのだいたいの達成日から逆算して行動すればいいのです。

フロー

  1. 指標を決める。
  2. いつ達成できるか計算する。
  3. 概算達成日から自分がすべき行動を逆算して考える。
  4. いつまでに「辞める」と言うべきかを見出せる。

あとは1つ1つのタスクを達成させていくだけです。

 

「辞めます」と発表するという行為は、そのタスクの中の1部。

そう考えると、言いやすくなると思います。

 

1年で辞めると決めていた僕の話。

僕の場合、1年間勤め上げたら辞めようと思ってました。

つまり、先ほどの計算式に当てはめると。

  1. 指標:今年度が終わったら辞める。
  2. 達成日:今年度末
  3. 行動の逆算:年始には辞めると言いたい。
  4. いつまで:年始まで

(実際は12月にはもう言ってましたが。)

と、なります。

 

計画を立てて、告白をタスクにしよう。

ずるずると流されるのはやめよう。

確かに「辞めます」ってとても言いづらい。

 

しかし、言いづらいからといって、ずるずると放置していては、何も楽しくない。

そんなグレーゾーンにいつまでも居たくないことは分かっているはずです。

 

そんなあなたに最後にとっておきの言葉を差し上げましょう。

ずるずると流されているあなたに。

 

 

 

 

 

お後がよろしいようで。

 

まとめ

  1. 論理武装して自信をつける。
  2. 「迷惑かもしれない」は考えない。
  3. 退職後の準備を始める。
  4. いつ辞めるか逆算して、「辞めます」という日を決める。
  5. ずるずると流されるのをやめる。

ぜひ参考にしてください!

以上もっさんでした!

 

▼会社を辞めようか本気で悩んでいる人はこちらの記事をチェック

入社1年で会社を辞めた僕が20代が会社を辞めるまでに必要なことを全て公開する。

 

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

職業:ブロガー、YouTuber。 年齢:23歳 新卒1年で会社を辞めた男が、会社に勤めない生き方を模索して発信していくブログ。働き方・フリーランス・YouTuberについて現在発信中。