「遊びたいからフリーター」は矛盾してる。

こんにちはもっさん(@mossanyame)です。

 

アソビーヌ
「遊びたいからフリーターやってます。」

 

って矛盾していると思うんですよね。

 

なぜなら、長期的な視点で考えた時に、フリーターは遊べなくなるからです。

 

それに関して今回は、

  • 「遊びたいからフリーターやってます。」は矛盾している理由。
  • 遊びたいなら自分の体験を価値に変えて”遊びを仕事に変える”フリーランスの方がいいよ。

 

ということをお伝えしたいと思います。

 

「遊びたいからフリーター」が矛盾している理由

そもそも遊びに使えるお金が少ない。

新入社員とフリーターの平均賃金を比較したところ、そもそも遊びに使えるお金が少ないことが分かります。

 

遊びに使えるお金が多いということは、

  • 上質な遊びができる。
  • 遊べる回数が増える。
  • 将来のお金を気にせず遊べる。

という利点があります。

 

つまり、新入社員の方が遊べるんです。

 

新入社員の場合(正社員)

たいていの場合、大卒の新入社員は、23万円稼ぎます。

(僕も23万円スタートでした。)

 

それに残業代などが加わり、手取りは約20万円。

 

フリーターの場合

時給1000円、1日9時間、20日働いたとすると、

一ヶ月もらえる給料は、18万円です。

 

そこから、国民保険や国民年金などの雑費が引かれると、手取りは約13万円

 

可処分所得に圧倒的に差がある。

さらに両者の手取りから、家賃などの生活費を引くと、

新入社員は、約13万円、フリーターは、約4万円が残ります。

(新入社員の場合、家賃手当などの考慮により家賃は3万円。フリーターの家賃は5万円。光熱費などのは両者1万円。その他食費など最大限に控えて3万円と仮定しました。)

 

すると可処分所得は、

  • 新入社員:約13万円
  • フリーター:約4万円

 

この差は歴然です。

「遊びたいからフリーター」を選んだのにも関わらず、新入社員の方が、遊びに使えるリソースが多いところから、上質な遊びをするためには、圧倒的に新入社員の方がいいということが分かります。

 

結局遊びに使える資金がない。

 

新入社員は23万/月稼ぎ、フリーターは18万/月稼ぐ。

 

フリーターの掛け持ちは時間的に本末転倒。

フリーマン
「いやいやフリーターでも掛け持ちすれば、正社員ほど稼げるよ。」

 

確かにその通りです。

フリーターでも、掛け持ちをすることによって、月に30万円ほど稼ぐ人もいるでしょう。

 

しかし、正社員には圧倒的な強みがあります。

それは、

 

 

正社員のボーナスは、だいたい2.5ヶ月分。

つまり、約50万円が支給されます。

 

ここでも、遊びに使えるリソースの違いが歴然と現れます。

 

掛け持ちが本末転倒な理由は時間がないから。

また、掛け持ちは本末転倒です。

なぜなら、掛け持ちをすることによって、確かに月に稼げる量は増えるかもしれませんが、圧倒的に時間が減るからです。

 

それは、「遊びたいからフリーター」を選んだのに、遊ぶための時間が取れないという本末転倒を招いています。

 

フリーターは掛け持ちで30万円稼ぎ、会社員はボーナスで50万円稼ぐ。

 

自由に休みの日が選べたとしても、将来的には意味がない。

では、残されたフリーターの強みはなんでしょうか?

 

 

確かにその通りです。

正社員だと、休みがとても取りづらい。

 

だからフリーターは、自由に休みが取れるため、時間的制約を減らすことができる。

しかし、これは本当に強みなのでしょうか?

 

僕は違うと思います。

 

なぜなら、20代の遊びは20代までしか通用しないからです。

 

20代の遊びは、こんな遊びが考えられる。

まず、20代はどのような遊びをしていのかを考えてみましょう。

 

すると、以下のようなものが考えられます。

  • 深夜から朝まで飲む。(普通の飲み会も含む)
  • 旅行に行く。
  • 友人と娯楽施設で遊ぶ。(カラオケとか?)

 

これらの遊びを30代の人が、20代ほど続けているのを見たことがあまりありません。

 

20代が30代の遊びをしなくなる理由。

では、なぜ30代は20代の遊びを続けられないのでしょうか?

 

それは以下の理由が考えられます。

  • 体力的に辛くなる。
  • 時間的制約が大きくなる。
  • 結婚する。
  • 友人との関わりが薄くなる。

つまり、ライフステージが大きく変わるのです。

体力・時間に制限がかかる正社員は、どこに娯楽を見出すのかというと、大抵が結婚です。

 

もちろん今は結婚しない人が増えているので、答えは結婚だけではありません。

しかし、遊び方が変わるのは真実であり、30代に入った人々が今までとは違うフェーズに入っていくのも真実です。

 

このような時、今までの遊び方を想定して、「自由に休みが取れること」を強みとするのは、もはや効力をなしていません。

 

なぜなら、上記で説明したように、時間的・体力的・人間関係的に遊べるリソースがどんどんと減少していくからです。

 

つまり、「遊びたいからフリーター」に矛盾が発生しているのです。

短期的な視点で遊びを優先してフリーターをしていると、資本主義に殺されます。

 

しかし、「じゃあ正社員になれよ。」が言いたいことではありません。

今よりももっと有意義で、長期的な遊びができる方法があります。

 

遊びたいなら、『フリーター』じゃなくて『フリーランス』を選べ。

「遊びたいからフリーター」を選んだ人たちの解決策は、フリーランスとして、個人でできる遊びを仕事に変えていくことです。

 

具体的な方法は、個人でできる遊びを、ブログやYouTubeなどで自分の体験を価値に変え、発信していくことです。

 

そうすることで、遊びが短期的なモノではなく、長期的なモノになります。

 

例えばこんな感じで短期的な遊びから長期的な遊びに変わる。

【YouTube編】

ゲームが好き → ゲームを実況する → 収入が入る → もっとゲームができる

 

【ブログ編】

旅が好き → 旅をブログで記事にする。 → 収入が入る → もっと旅ができる

 

合わせて読みたい!

【ブログ編】遊びを仕事に変える方法。

 

これらを継続的に行うことによって、遊びを仕事に変えることができ、今受けている制約から解放されることになるでしょう。

 

正直に言って、フリーターも正社員も変わりません。

なぜなら、お金のために我慢して働いているからです。

給料面や休暇面での違いしか見出せません。

 

しかし、遊びを仕事に変えればそれは変わります。

お金のために我慢して働くということがなくなるからです。

 

あなたも是非自分の体験を価値に変え、遊びを仕事にしていきましょう。

 

「やっぱり正社員になりたい」と思った人にオススメの就職サイト

今までの文章を読んで、

マサオ
「やっぱり正社員の方がいいかも。。。」
クリオ
「フリーランス難しそうだしな。。。」

と思ったあなたにオススメの就職サイトを紹介します。

 

それは、若者正社員チャレンジです。

 

こちらのサイトのセールスポイントは、「脱・ニート!脱・フリーター!脱・ハケン!ゼロから正社員としての就職に挑戦!」

ニート・フリーター・派遣業に限界を感じた人で、正社員になりたい人を助けてくれます。

 

参加条件は、

  1. 卒業後、就職・就業経験がない方
  2. 卒業後、非正規での就業経験のみの方
  3. 直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方

正社員までの流れ

参加申し込み → 事前カウンセリング → 合同企業説明会 → 実習 → 面接

 

就職前に、企業で実習できることが強みですね。

合わないと思ったら、他のところを選べばいい。

 

なんと、最短1ヶ月で正社員になれる方もいるそうです。

また、実習期間中は最大10万円の奨励金が出るため、バイトができない期間も安心です。

 

悩んでいる方は、登録は無料なので、登録だけでもしてみてください。

 

 

悩んだらすぐに行動に移して、解決することを習慣化しましょう。

 

まとめ

  1. 給料面では正社員の方が遊びに使えるリソースが多い。
  2. 掛け持ちをしてたらフリーターでも遊べない。
  3. 自由に休めたとしても今の遊び方では将来的に意味がない。
  4. 自分の体験に価値をつけ、遊びを仕事に変えよう。
  5. 正社員になりたい人は、就職サイトを活用する。
  6. 結論:フリーターよりもフリーランス

 

もっさん

一緒に遊ぼ

 

もっさん(@mossanyame)でした!

 

こちらの記事も読まれてます。

安定する方法が知りたい方はこちら。

会社員もフリーランスも結局不安定。安定する方法はこれだ!

自分の才能を知りたい方はこちら。

自分の才能や強みの見つけ方。セルフブランディングの第一歩目はこれだ!

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です