違反者講習の内容はこんな感じでした。

こんにちはもっさん(@mossanyame)です。

 

やってしまいました。

 

免停一歩手前です。

累積点数が6点に溜まってしまいました。

 

やってしまったこと

  • 信号無視:2回  4点
  • 車両進入禁止:1回 2点

「イエローカードが家に届くからな」

と警察官に言われ、本当に家にイエローカードが届きました。

累積6点になるとイエローカードが届く。

前歴がなく、累積6点に達した人は、違反者講習書みたいなのが届きます。

(写真はありません。)

 

それに書かれている内容はこんな感じ。

違反者講習カードに書かれている内容。

  • お前がした違反はこんなんだよ。
  • 違反者講習こいよ。
  • こないと30日の免停だぞ。
  • きたら前歴も免停もないぞ。
  • 点数も回復するぞ。
  • 2つの講習コースがあるから選べよ。
  • 電話で予約しろよ。
  • 通知書が来てから30日以内じゃないと受けられないからな。

みたいな感じです。

 

2つの講習コースがある。

違反者講習には、2パターンあります。

  1. 社会参加活動
  2. 実車指導

社会参加活動とは

👉ボランティアです。ゴミ拾い。

値段:9950円

 

お金を払ってボランティアするって斬新。

 

実車指導とは

👉教官とドライブ。

値段:13000円(だった気がする。)

 

たけーよ!

 

僕は社会参加活動を選択しました。(値段で決めました。)

違反者講習の内容。

①受付をする。

  1. 証紙を買う。(コースによって値段が変わります。)
  2. 教科書をもらう。
  3. 講習を受ける教室に入る。

 

自分を含め、60人以上違反者がいたことに驚きました。

 

「どうせガラ悪いやつしかいないんだろうな。」

と思っていたら、

 

老若男女さまざまな人種がいてわろた。

 

②ビデオを見る。

「今日は1日こんなことをやるよ。」という説明が終わった後、ビデオを2連発で見ました。

 

内容:飲酒運転について。

 

「いや俺飲酒運転してないけどな。。。」と思いながら見ましたが、

ドラマ風の作品になっており、非常に引き込まれました。(感動した。)

 

③社会参加活動をやる。

午前中に社会参加活動をやりました。

 

しかし、ここで問題発生。

👉雨が降ってくる。

 

社会参加活動はゴミ拾い。

しかし、雨が降っていてはできない。

 

ということで?

 

なぜか免許センターの入口で、啓蒙活動が行われました。

啓蒙活動:「シートベルトをしよう。」と描かれている旗をただ持つだけ。

 

「まあここでこんなことやっても意味ないんだけどなっ!笑」

 

という講師の開始の合図とともに始まりました。

 

啓蒙活動のあれこれ

啓蒙活動はただ旗を持つだけです。

何も言わなくてもいいし、旗を上に掲げる必要もありません。

 

ただ旗を持つだけ。

 

なので、「暇だな。」と思い、周りの景色を眺め始めました。

すると、最初は気づかなかったのですが、右横に

 

正ゴールキーパーみたいにめっちゃガタイが良くて、しかし顔面はガチャピンに似ている(いい意味で)女性が立っていました。

 

「ガチャピンってゴールキーパーの才能あるんだなぁ。」

 

と思いながら左を向くと、

 

 

 

米良美一さん

 

 

にめっちゃ似てる人がいました。

 

つまり、米良美一さん、僕、ガチャピンキーパーという並び。

 

「最強の布陣だなぁ。」

 

と思っていたら。

 

「そろそろ戻ろうかっ!笑」

 

という講師の声が聞こえ、社会参加活動が終了しました。

 

お昼休み

社会参加活動が終わり、教室に戻りました。

 

時間:11時5分

 

すると、講師が

「じゃあこの時間まで昼休みなんでっ!笑」

と、おもむろにホワイトボードに時間を書き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

「休み時間ながっ!!!!」

 

なんと約1時間40分、昼休みが与えられたのです。

 

お昼休みのあれこれ

お昼休みは速攻で寝ました。

 

感覚的に結構寝たので、

「そろそろ講義が始まるかもしれないな。」

と思い、眠い目をこじ開け、時計を見ると

 

12:00

 

 

「休み時間が長すぎる。。。」

 

休み時間の長さに苦しんだ結果、

 

「イェイ!違反者講習ゥゥ!!批判はどうするゥゥ???ヒェアッ!!」

 

というラップを無駄に頭の中で考え、時間をつぶしました。

 

後で聞いた話なのですが、隣の人も同じことを考えていたようです。

 

嘘です。

暇な時はラッパーに憧れがち。

 

④運転適性テスト

さて、お昼休みが終了しました。

 

お昼休み後は、運転適性テストが行われます。

教習所でやったやつと同じです。

 

「あなたはこういうタイプなので、ここを気をつけましょうね。」

という風な結果がもらえます。

 

⑤座学

運転適性テストが終わると、座学が始まります。

 

時間ごとに講師が変わり、

  • 運転中に注意すべきこと。
  • 過去に起きた事故の事例。
  • 全国ではこれだけ事故が起きてるよ。

みたいなことを教えられます。

 

だいたい2時間ぐらい?

 

⑥今日の感想文を書く。

作文を提出しなければなりません。

 

だいたい400字程度だったと思います。

内容は、

  • 今回の講習で学んだこと。
  • これから私が運転で気を付けたいこと。

に沿って書きます。

感想文のあれこれ

実は、感想文について、講師が結構煽ってきてたんです。

 

煽るというのは、「お前らに書けんのかよ(笑)」という類の煽りではなく、

「ちゃんと書けるように、話をちゃんと聞いとけよ。」ということです。

 

(いやいや、400字なんて誰でも書けるでしょう。だいたい俺はブログやってるし、数分で終わるよ。)

 

と心の中で思っていました。

 

しかし、次の説明により、なぜ講師があれだけ煽るのかが判明しました。

 

「実はねぇ。過去にこんな男がいたんですヨォ。皆さん驚きますヨォ?なんと!!!4文字だけなんです!!!!ナァァニィィィィ!?やっちまったなぁ!?」

「気になるその内容は!!!」

 

 

 

 

 

「特になし」とだけ書かれていたそうです。

 

その人は、一人だけ教室に残されたそうです。

 

句読点つけろよ。

 

⑦ビデオを見る。

最後にまたビデオを見ました。

「かもしれない運転をしよーぜ!」みたいな。

 

⑧ハンコを押して終了。

指定された場所にハンコを押します。

 

これで終わりです。

 

だいたい終了時間は16時ごろでした。

 

まとめ

  1. 受付をする。
  2. ビデオを見る。
  3. 社会参加活動をやる。
  4. 運転適性テストをやる。
  5. 座学。
  6. 感想を書く。
  7. ビデオ
  8. ハンコ

 

結論:もう2度と受けたくない。

しっかりとルールを守れる大人になりたいです。

 

もっさんでした。

▼この記事をシェアする▼

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    職業:ブロガー、YouTuber。 年齢:23歳 新卒1年で会社を辞めた男が、会社に勤めない生き方を模索して発信していくブログ。働き方・フリーランス・YouTuberについて現在発信中。