「部下が言うことを聞いてくれない。」と悩むあなたのための解決法。

こんにちはもっさん(@mossanyame)です。

 

部下や子どもが言うことを聞いてくれないと悩んでいるあなたへ。

そんなあなたが、今後気持ちよく生活するための考え方をお教えします。

ぜひ参考にしてみてください。

 

そもそも「言うことを聞いてくれない」という悩み自体がおかしい。

最初から厳しいことを言うようですが、僕は「言うことを聞いてくれない」という考え自体がおかしいと思っています。

なぜなら目的を履き違えているからです。

 

例えば、あなたが部下に対し、「資料をまとめておいて欲しい」と頼んだとします。

しかし、部下が思う通りにやってくれなかったと。

 

今までのあなたは、部下が言うことを聞いてくれなかったことが問題と捉えます。

しかし本質は違うのです。

 

この時の問題点は、業務が円滑に行われなかったことです。

“言うことを聞いてくれなかったから”という事情は、きっかけに過ぎないのです。

 

最終的な目的は、”業務が円滑に行われれること。”であり、部下に言うことを聞かせることではないですよね?

目的を忘れないでください。

 

目的を遂行するためにアプローチ方法を変える。

では、なぜ目的が遂行されなかったのか。

👉ここで初めて、”頼んでおいたはずの部下がやってくれなかったから”という理由が出てきます。

 

今までのやり方で達成できなかったのならば、アプローチ方法を変えるのは当たり前です。

一番良くないのは、同じ方法で何度もチャレンジし、相手を不快にさせることです。

 

ではあなたがやるべきことは何でしょうか?考えられることは1つです。

相手が頼みごとをやりたくなるようにアプローチすることです。

 

まずは伝え方を変えてみよう。

伝え方をどう変えればいいのか分からないあなたには、この本をオススメします。

この本を読み、伝え方を変えるよう心掛ければ、相手が気持ち良くやってくれることでしょう。

また、あなたの伝え方にどのような問題点があるのかを、見つめなをす機会にもなります。

ぜひ一読していただきたい一冊です。

まとめ

まとめ

  1. 目的は言うことを聞いてもらうことではなく、業務を円滑に回すこと。
  2. 今までのアプローチ方法が間違っているのだから、それを変えるべき。
  3. まずは伝え方を変えてみよう。

 

合わせて読みたい!

【頼みごとが苦手】相手が聞いてくれる丁寧な頼み方、4つの注意点。

 

もっさん(@mossanyame

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です