【お喋り】女性にとって会話がどれだけ重要なのか調べてみた。

お茶ちゃん
時にもっさん。
もっさん
どうしたのお茶ちゃん。
お茶ちゃん
女の子ってほんとよく喋るよね。
もっさん
それは本当にそう思う。
お茶ちゃん
なんであんなに喋るのかな?
もっさん
分かんない。
女神
それだけ重要だからよ。
お茶ちゃん
だれ!?
もっさん
急すぎて草。
女神
女神よ。
お茶ちゃん
女神のくせに声でか。
女神
関係ある!?
もっさん
文字小さくなって草。
女神
気にするでしょ。

女性は1日に男性の3倍しゃべる。

女神
女性は1日に平均20,000回メッセージを発していると言うわ。(ノンバーバルコミュニケーションも含む。)

一方男は、1日に平均7,000回と言われているのよ。

つまり、女性は1日に男性の3倍お喋りをするの。

お茶ちゃん
すごい喋るね。
女神
男はそう思うかもね!

例えば、女の子と二人きりになって、男の方が「一通り喋りきったな。」と思っても、女の子がベラベラ喋り続けるケースってあるじゃない?

お茶ちゃん
めっちゃある!!
女神
それは、女の子がまだ20,000回喋ってないからよ!

男にとっての「充分に喋った」は7000回。

つまり、男が「充分に喋ったな。」と思っても、女の子は、「あと13,000回話したい。」と思ってるってこと!。

もっさん
なるほど、そう言うことだったのか。

 

夫が会話を疎かにすると妻のストレス値が上がる。

女神
ある研究では、妻が苛立った時に夫が会話を放棄してしまうと、妻のノルエピネフリン(ノルアドレナリン)とコルチゾールのレベルが上昇することがわかっているわ

これらはいわゆるストレスホルモンで、会話が途絶えたことでこの上昇が見られるのは女だけで、男には変化が見られなかったの。

つまり、夫婦間で会話がなかったり、ネガティブな会話をしていたりすることは、女にとって大きなストレスになるってこと!

お茶ちゃん
へ〜。
もっさん
男にとって「喋らない」は苦痛ではないけど、女にとって「喋らない」はストレスになるんだ。
女神

その通り!

また、こうしたストレスホルモンのレベルが新婚時に高かった夫婦ほど、そのあと離婚率が高いこともわかっているわ。

ちゃんと喋れ!男ども!

なぜ女の子はそんなに会話を重視するのか。

お茶ちゃん
でもなんでそんなに喋るの?
もっさん
たしかに。
女神
そういう風に脳みそができてるからよ!

会話をしているときの男の脳みそをスキャンすると、活発になる領域がほんの少ししかないの。

一方、女の脳みそを見てみると、頭のいろんな領域が活発になっていることが分かってるわ。

お茶ちゃん
だから女の子の方が言葉の表現が多様なんだね。
女神
あと男の脳みそは情報を整理する領域が決まっているの。

だから、情報を整理することが得意で、すぐ話をまとめようとするのね。

逆に女の子は、情報を分類する領域が定まってない。

だから、何か嫌なことがあっても、頭の中だけで整理することができないの。

その結果、喋って問題を洗い出す必要があるのよ。

もっさん
「話したら気が楽になる。」ってよく女の子は言うもんね。

参考文献

 

▼この記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

職業:ブロガー、YouTuber。 年齢:23歳 新卒1年で会社を辞めた男が、会社に勤めない生き方を模索して発信していくブログ。働き方・フリーランス・YouTuberについて現在発信中。