いつまで消費で無駄な時間を過ごしてるの?

The following two tabs change content below.

もっさん

職業:ブロガー、YouTuber。 年齢:23歳 新卒1年で会社を辞めた男が、会社に勤めない生き方を模索して発信していくブログ。働き方・フリーランス・YouTuberについて現在発信中。

あなたは何をしてストレスを発散しているでしょうか?

もしくは、稼いだお金を何に使っているでしょうか?

  • 飲み会?
  • 旅行?
  • 買い物?
  • 美味しいもの?

これらには全て共通していることがあります。

それは、「消費している」ということ。

「お金」と「時間」を消費して、人生におけるエンターテインメントを形作ろうとしている。

つまり、多くの人々は消費活動をすることで、人生を豊かにしようとしているということです。

しかし、消費することでのエンターテインメントには限界がありません。

なぜなら、「人間の欲望」には限界がないからです。1つのモノを手に入れてしまうと、次のモノが必ず欲しくなる。

「お金」と「時間」がいくらあっても事足りません。

僕はこの消費のエンタメに限界を感じました。

というのも、昔ぼくはドライブにはまっていたんです。

5年後にはドライブができなくなる不安

学生時代から、さまざまな場所に友だちと一緒に行きました。

会社員時代も同じように時間を使い、遅刻することもありました笑。

『その話の詳細はこちら👉僕が東芝を1年で辞めるまで

 

しかし、ドライブをしすぎると、とある問題が発生します。

もちろん探せば色々とあるとは思いますが、関東近辺の主要観光地はほとんど制覇したと思います。(たぶん盛ってる。)

そうなると、

もっさん
ドライブしたいけど行ける場所がねえ!
ということになります。

休日をかけて遠方に行くことはできますが、当時は会社員だったので、時間がやはり限られます。

この時に導き出した結論がこれです。

 

今までは、固定のメンツで色々な場所に行っていた。しかし、人を変えれば、同じ景色でも違った景色を楽しめるのではないか?と思いました。

そしてその年は、約50人ぐらいぼくの車に乗せてドライブをすることに成功しました。(別に人数を増やすことが目標ではありませんでしたが。)

結果は・・・?

 

皆さまざまな個性を持っていたし、車中であると、話が深くなる傾向にあります。

すると、今まで知らなかったその人の一面が見ることができる。これがドライブが楽しい要因の1つでした。

ただここでまたもや問題発生。

 

その時は23歳(いまもだけど。)

理由

  • 当時はサラリーマンだったので、5年後時間がなくなる。
  • 体力がなくなる。
  • 友達が結婚しだして、遊べなくなる。

まあ実際のところ、できるとは思うんですけど、当時はものすごく悩んでいました。

もっさん
なんか他の遊び方を探さなきゃな。

ちなみに、

まさお
いろんな人と会うのが好きなら飲み会でいんじゃね?

と思う方はこの記事をご覧ください。
👉『関連記事:「今度飲もうぜ」って言ってくる奴はクソ。

あなたのことを相当ディスってます。

まあ飲み会は嫌いだったので、他の解決策を探そうとしていました。

なんで皆が結婚するのかがわかった。

その同時期に考えていたのが、「結婚って必要なの?」でした。

20代後半になると、人々は結婚をより強く意識し始めます。それに対して強く疑問を感じていたんです。

もっさん
「なんで結婚しなくちゃいけないみたいな雰囲気があるんだ?」

その答えは、他にすることがないからだと思うんです。

そもそも何かに熱中している人は、恋愛をうつつを抜かしている暇はありません。

しかし、サラリーマンになると、多くの人が熱中するのは「仕事」。

実際に熱中しているかは別として、生活リズムの基本を「仕事」が占めているということは確かです。

では空いた時間を何に使うか?

この答えは、先ほどの僕がドライブが5年後できなくなる理由を思い出してください。

ドライブが5年後できなくなる理由

  • 当時はサラリーマンだったので、5年後時間がなくなる。
  • 体力がなくなる。
  • 友達が結婚しだして、遊べなくなる。

「時間」・「体力」・「友達」という遊びのリソースが減っていく。

これは、遊びのバリエーションがなくなることを示しています。

その時に人々が考え出すのが、「結婚」なのではないか?という仮説を立てました。

人々が結婚を考え出す理由

  • 仕事の他に人生をかけて熱中するものがない。
  • 「時間」・「体力」・「友達」という遊びのリソースが減る。
  • 結婚しなくちゃいけないという固定観念がある。

これが僕が考えた人々が結婚を選択する理由です。

結婚とは、人生の余暇の有効活用に悩む大人たちの隙間に入りこんだエンターテインメントなんです。

その先に子育てがある。

もっさん
くだらねえな

当時はそのように考えていました。

その結果、

もっさん
自分は結婚以外、そして現行のドライブ以外で人生におけるエンターテインメントを探そう。
と思い立ちました。

三国天武にハマっていた。

なんて思いながらゆるゆる三国天武をしてました。

ゲームアプリです。めっちゃ面白かったので、依存してました。

どんなゲームかを簡単に説明すると、

  • 三国志がモチーフになっている。
  • キャラクターを育てる。
  • 自分の陣地(城)を強くする。
  • 自分の国を増やしていくゲーム

自分の国を増やし、天下統一をするためにキャラクターを育て、他国に攻め込まれても負けないように自分の城を強くしていく。これが三国天武です。

まあキャラと城を育てていくゲームですね。

まあキャラと城を育てていくゲームですね。

 

 

育てていくゲームですね。

 

!?

ここで雷が走りました。

もっさん
「これ、結婚や子育てと同じなんじゃね?」

最高のエンターテインメントは「育む」ということなのではないか?

「結婚」「子育て」「ゲームアプリ」、これらに全て共通していること。

それは、

 

 

結婚は夫婦関係を、子育ては子どもを、ゲームはキャラクター等を育んでいる。

人々はこれらに熱中し、依存し、多くの時間を割いている。

もっさん
「育むって依存性があるんだ!!」

なるほど。人生におけるエンターテインメントとは、「育む」ということだったのか!!

  • 結婚
  • 子育て
  • ゲーム
  • 起業
  • YouTubeチャンネル
  • ブログ

全てに共通していることは、「育む」ということ。(この時、結婚や子育てに対する批判的な意見を改めました。)

ゴールのない消費活動はもうやめよう。

今までの遊びは消費活動だったので終わりがあった。

  • 飲み会?
  • 旅行?
  • 買い物?
  • 美味しいもの?

これらは人生における1部分のエンタメでしかありません。つまり、一過性のモノということ。

そして最初にも説明したように、限界がある。

これらだけを行って余暇を過ごすのは非常にもったいない。僕はもうあまり価値を感じません。

『関連記事:ブランド品を買う人は名前を買っている。

僕はこれからブログを子どもだと思って育てていきます。育んでいきます。

それを形作る要素として先ほどの消費がある。

消費が生産につながり投資に変わる。

というわけで、今度子育てママにインタビューしてきます。

なんかヒントになることないかな?と思いました。ブログなんだから、ブロガーの攻略記事よんどきゃいいんですけど、それじゃあ味気ないので。

 

もっさん(@mossanyame

2 件のコメント

  • ブログ見させて頂きました。
    とても読みやすく、共感出来ることが沢山ありました。僕も仕事に支配されず自分の時間を大切にし、本当にやりたいことに熱中したいと思って仕事を辞めました。
    これから自分の力でお金を稼ぎ生きることを考えながら活動したいと思ってます。
    ら今は、少しづつYouTube活動で調子が出てきている所です。アフィリエイトなどもやっていきたいので参考にさせて頂きます。
    とても勇気をもらいました。
    ありがとうございました。

    • コメントありがとうございます!
      とても良い決断だと思います。
      お互い頑張りましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です